研究室日記

31(火)
耐震工事が完了した灘警察署へ行った。
30(月)
木曜夕刻から学校を空けていただけなのに,事務処理などで午前中いっぱいかかってしまった。
29(日)
県総体ボート競技敗者復活・決勝も順調に進行し,久しぶりに表彰状を得られた。帰りのはまかぜ6号まで時間があったので,さとの湯の足湯に1時間半ほど入っていた。帰りは,団券だったが,途中駅で下車できるよう車掌に手続きしてもらい,みんな無駄なく帰宅できた。
IT・Literacy プラクティス「情報科」 Scratch・ドリトル編が自宅に届いていた。
28(土)
県総体ボート競技予選は順調に進行できた。夜は,内湯で済ませようと思っていたのだが,結局,一の湯→御所の湯→まんだら湯→鴻の湯→柳湯→地蔵湯とまわった。昨日,さとの湯へ行ったので,2晩で全てまわったことになる。
27(金)
漕艇部の県総体出場のため,円山川城崎漕艇場へ行った。
26(木)
明日からの漕艇部県総体のため,夕刻に加古川へ艇や荷物の積み込みに行った。
N先生に触発されて,某県に情報公開請求を行なった。
高校の情報科は,中間考査も期末考査も行うべきだと思うが,期末考査しかやっていない学校が少なくないらしいことを知って驚いている。英語,数学,国語,理科,地理歴史,公民などで,中間試験を行わない科目などあるだろうか。これでは,校内で「副教科」と蔑まれても仕方ないと思う。
25(水)
放送大学大阪SCへ舞台芸術への招待第13〜15回のDVDを借りに行ったが,第13,14回は貸出中で借りられなかった。
24(火)
午前は,情報処理学会関西支部2016年度支部大会実行委員会に出席した。お昼には,西本願寺まで散歩した。午後は,同支部運営委員会,同支部報告会,同記念講演会,同懇親会に出席した。電気通信大学栗原聡先生講演「Deep Learningが加速させる人工知能のこれから」はおもしろかった。懇親会でも,いろんな方と意見を交換できてよかった。
ボロディンのオペラ「イーゴリ公」より「ポロヴェツ人(韃靼人)の踊り」を聴きながら,化学者や医師でもあったボロディンは知らないけど,作曲家としてのボロディンは有名だなと思った。バーンスタインは,偉大な指揮者だったが,ウェストサイドストーリーを始めとする偉大な作曲家というイメージが,故人となってからますます強くなってきている。ライブ・パフォーマンスは消えてなくなるが,作品はいつまでも残る。研究者だけでなく,教育者もそのノウハウを論文として残すべきだと改めて思った。
23(月)
摩耶駅のホームに初めて降りてみた。水捌けを良くするため,従来,ホームは「かまぼこ」状の傾斜をつけていたが,車いすやベビーカーから手を離してしまって線路へ転落するという事故が結構あった。摩耶駅は、V字型傾斜にしてそうした事故を防いでいる。ハーバーランドで,普段あまり歩かない場所を歩いてみた。
22(日)
情報学は「情報によって世界に意味と秩序をもたらすとともに社会的価値を創造することを目的とし,情報の生成・探索・表現・蓄積・管理・認識・分析・変換・伝達に関わる原理と技術を探求する学問」である。
情報学に固有の知識体系
ア 情報一般の原理
イ コンピュータで処理される情報の原理
ウ 情報を扱う機械および機構を設計し実現するための技術
エ 情報を扱う人間社会に関する理解
オ 社会において情報を扱うシステムを構築し活用するための技術・制度・組織
以上,大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準 情報学分野(日本学術会議)より。
初等情報処理教育におけるプラットフォーム依存問題という論文を紹介してもらった。内容は後期中等教育に関するものだが,「社会と情報」「情報の科学」の13種類の教科書について,特定のプラットフォームへの依存度を網羅的に調査し,その問題点を指摘するとともに,対策について提言していて参考になる。
Microsoft(Windows, Office, etc.)が一般に支持されるのと,高校情報科の教科書で実教出版が支持されるのは,その底流に共通するものがあるような気がしてならない。いいとかわるいとかいう評価軸とは異なる規準によると思う。
8月から,JTA083にもクラスJが設定される。これで漸く,KIX-ISG直行便往復とも(737-400だが)クラスJに乗れる。
21(土)
漕艇部の練習と,県総体の準備のため,加古川へ行った。
20(金)
JR京都線総持寺駅予定地の上り内側線の付け替えがいつの間にか完了していた。(下りは未了)
19(木)
IPSJ情報入試委員会2016年度第2回会議および河合塾との第4回意見交換会の日程を確定した。
「初等教育機関≒小学校」はいいとして,「中等教育機関≒中学校」「高等教育機関≒高等学校」だと誤認している人がたまにいる。「前期中等教育機関≒中学校」「後期中等教育機関≒高等学校」「高等教育機関≒大学・大学院」だ。(「≒」の理由は,中等教育学校や高専などもあるから)
18(水)
中間考査の問題をもう1科目分も作成した。
作問しながら,舞台芸術への招待第7〜9回を視聴した。
Javaプログラミングの基礎の中間レポートを提出した。
17(火)
午前は授業の合間に中間考査の問題を行ない,1科目分はほぼ完成した。
午後は年休を取って,元町からハーバーランドでのんびり過ごした。
夕刻に放送大学大阪SCで映像資料の返却/借出しや,学割証の発行を受けた。
紛失した書類一式が出てきて安堵した。
OS Xを10.11.5にアップデートした。
16(月)
中間考査の問題作成を行なった。ただ,思った程は進まなかった。
明日返却予定の,舞台芸術への招待第4回と第5回を視聴した。第1〜3回ほど魅力的な内容ではなかったが,バレエについて理解が少しだけ進んだ。
土曜になくした書類一式は,未だ行方不明のままで大変困っている。
15(日)
昨夜,どこかに重要書類一式を置いてきてしまったようで,朝からその対応をしてから,高校教科「情報」シンポジウム2016春 in 名古屋に参加した。午前中は廊下で受付をしていたのでよくわからない部分もあったが,午後の安田豊先生のご発表はもの凄い迫力だった。的確な現状分析を行ない,戦略的に目的を明確化し,覚悟を決めてぶれずに実行しているから,結果が迷走することがないのだと思った。
14(土)
名古屋への新幹線の車内でN先生といろいろ議論をし,午後から,某団体との意見交換会,さらに情報処理学会情報入試委員会と,議論をづくしの1日だった。夕刻は,一般情報教育委員会との合同懇親会などに参加した。
13(金)
午後から兵庫県高等学校教育研究会情報部会総会ならびに講演会に参加した。筧先生の熱い講演に対して,質問一つさえ出ないというのは一体どうなんだろうかと思った。
12(木)
午後から阪神電鉄尼崎車庫を見学した。工場は阪急電鉄正雀工場の方が魅力的な内容だったが,電力指令室も見せていただけたのはよかった。
11(水)
阪神・読売戦のチケットをいただいたので,阪神甲子園球場へ観に行った。アイビーシートで伝統の一戦を見られるとは嬉しかった。ライスタとは違った落ち着いた観戦もまたいいなと思った。しかし,ノーアウト満塁から押し出しの1点だけとは…
10(火)
eduroamを使えないのかとふと思い,大阪電気通信大学に問い合わせたところ,いつでも使える状態になっていることを知った。これは助かる。客員准教授を拝命していてよかった。(笑)
夕刻,放送大学大阪SCへ行って,舞台芸術への招待のDVDを借りたり,学割証を発行してもらったりした。
帰宅したら,文科省の教科書検定を経た情報科の新しい教科書と,兵庫県ボート協会のインストラクタ研修受講終了証が届いていた。
9(月)
SSS2016に共著の論文を投稿していただいた。
阪神の団券の規則JRのそれはもの凄く違うということを認識した。
8(日)
昨日に引き続き,放送大学滋賀SCで面接授業オペラの世界を受講した。君を愛す Ich liebe dich,魔王,天地創造より光りあれ,カルメンよりハバネラ,椿姫より乾杯の歌,魔笛より復讐心は地獄のように燃え,ルチアより狂乱の場,トゥーランドットよりこの御殿の中で,トロヴァトーレより炎は燃えて,フィガロの結婚より恋とはどんなものかしら,トロヴァトーレより見よ、恐ろしい火を,セビリアの理髪師よりわたしの名が知りたければと私は町の何でも屋,リゴレットより悪魔め、鬼め,ワルキューレよりわしは荒々しき一族のことを知っている,ロミオとジュリエット(映画,ミュージカル,バレエ,オペラ),ジャンニ・スキッキ(後編)などを視聴した。
7(土)
放送大学滋賀SCで面接授業オペラの世界を受講した。滋賀SCの吉川所長は,とても魅力的な方だった。面接授業の木川田先生の授業もおもしろい。実習も交えて,わかりやすい。O Sole mio,トゥーランドットより誰も寝てはならぬ,ヴェルディのレクイエムより四重唱・怒りの日,アイーダより凱旋の場面,シューベルトの野ばら,アドリアーナ・ルクヴルールより公正なる天よ!,蝶々夫人よりある晴れた日に,仮面舞踏会,フィガロの結婚,ジャンニ・スキッキ(前編)などを視聴した。
6(金)
情報処理学会関西支部の研究会となって初めての大プ会四拾を行なった。IPSJ関西支部研究会化で期待した新規メンバーはごく僅かだったが,内容的には充実していたと思う。中山先生の「情報科における教科担任の現状」は,冒頭からもの凄く熱く飛ばしていて,筧先生のご講演に似たパッションを感じた。僕の,慶應義塾SFC情報入試問題についての発表も,盛り上がったのではないかと思う。
5(木)こどもの日
漕艇部の練習引率で加古川へ行った。オールの塗装に大半の時間を割いた。
4(水)みどりの日
今日も風が強かったので,漕艇部の加古川合宿は中止になった。
NHK-FMでまるっと ラ・フォル・ジュルネ2016を楽しんだ。
3(火)憲法記念日
今日から3日間,漕艇部の加古川合宿の予定だったが,荒天のため,急遽,休息日になった。
放送大学‬のオンライン講座Javaプログラミングの基礎を完了した。僕はJavaプログラミングや開発環境を知っていたからできたけど,初めての人にとっては難しいんじゃないだろうか。写経すらできない受講生が続出しているかも知れない。
2(月)
舞台芸術への招待の第1〜3回を視聴した。オペラがそういう性格のものだったとは初めて知った。また,オペラ・ガルニエがそんなに大きな空間だったとは驚いた。この授業は実におもしろい。
1(日)
結婚記念日だったので,Honeyとサントリー京都ビール工場同 山崎蒸留所を見学しに行った。ビール工場の見学はなかなか充実していた。ビールのサントリー流の注ぎ方を教えてもらったり,プレミアムモルツ,香るエール,マスターズドリームを試飲したりした。午後は,山崎蒸留所のテイスティングカウンタで,山崎ニューポットと山崎12年シェリーカスクを飲み比べてみた。シェリー樽で12年寝かすともの凄く丸く芳醇になることを実感した。うまかった。
放送大学‬大阪SCで,学割証を4枚発行してもらった。舞台芸術への招待のDVDも借りたが,一度に3巻しか借りられない上,1週間以内に返却しなければならないとは,結構面倒だ。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-01 (水) 14:52:23 (296d)