研究室日記

30(木)
教員免許更新講習 選択必修「情報教育と情報モラル」8月25日(木)関西大学千里山キャンパス,選択講習「ゲームで身につける論理的思考力」8月26日(金) 関西大学千里山キャンパス,選択必修「教育の情報化」(幼保小向け)eラーニングの案内が出ていた。
放送大学 2016年度第2学期 面接授業「遊びを通して学ぶ情報科学」(12月24〜25日 沖縄県石垣島)の講師委嘱の依頼を受領した。
7月17日(日)JL104 ITM7:30→8:40HND は,国際線機材の777-300ER(W84) らしい。
29(水)
第9回全国高等学校情報教育研究会全国大会(神奈川大会)のポスターセッション申し込みを完了した。
28(火)
漕艇部の7〜9月の練習計画を,漕艇センターと相談して確定した。
27(月)
今日で個別懇談会が一段落した。
26(日)
管弦楽、吹奏楽基礎入門で,午後に指揮の指導や楽器の体験をした。指揮は,先日,山本訓久先生にご指導いただいたばかりなのに,全然うまくできなかったものの,改めて悪い部分を指摘していただけたのでとてもよかった。開き過ぎて奏者をリードしていない,肘を引いている,頭が動いているなどの指摘を受けた。楽器は,ヴァイオリン,ヴィオラ,ユーフォニアム,ホルン,バスドラム,スネアドラム,クラッシュシンバル,サスペンダーシンバル,ハイハットシンバル,タムタム,ビブラフォン,グロッケンシュピール,シロフォン,マリンバ,ティンパニ,フルート,アルトサックスなどを体験した。金管も木管もきちんと(?)音を出せたのはよかったが,フルートがあんなにしんどい楽器だとは思わなかった。ホルンのマウスピースはとても小さいので,ユーフォニアムのようにはうまく吹けなかった。やっぱり,面接授業は指揮や楽器なんかを実際に体験できるというのがとても魅力的だ。宇都宮まで来ただけの甲斐があったというか,期待以上の授業だった。また,優しくわかりやすく丁寧に一所懸命教えてくれたアシスタントの学生さんたちの好感度がとても高かった。
帰りは,HNDのサクララウンジでシャワーを浴びてから帰阪した。
25(土)
久しぶりに東北新幹線に乗った。E5系は初めての乗車だったが,普通車でもN700系とは違って断然快適なシートだった。
OUJ栃木SCで管弦楽、吹奏楽基礎入門を受講した。管弦楽の形態が,弦楽器以外は厳密に指定され,弦楽器は指揮者が「型」で指定するとは全く知らなかった。チェンバロのキータッチは,ピアノのそれとは全然違っていて,如何にも弾いているという感じだった。
宇都宮駅付近は餃子屋だらけで,夜は餃子セットを食べたが,今一つだった。疲れていたのでホテルですぐに寝た。
24(金)
金曜夜のWillerは流石に混んでいるようで,狙っていたビジネスクラスへ無料アップグレードできず,リラックス《NEW》に乗ることになった。隣席とのディバイダが大きいのと,カノピーがあるので,窮屈ではあるもののまぁまぁ快適だった。
23(木)
既に天候は回復していたものの,大雨・洪水警報が朝のうちは発令されていたので,授業は4校時からになった。
夕刻は,砂原先生のインターネット・セキュリティの講演を聴きに行った。
22(水)
第9回 全国高等学校情報教育研究会全国大会(神奈川大会)のパネルで発表することにして,富士通キッズイベントに続いて川崎に滞在することにした。
21(火)
Honeyの上智大学行きの特典航空券を予約した。
20(月)
今日から個別面談が始まった。
北海道新聞に情報科教員の臨時免許や免許外教科担任などについての中山先生の記事が掲載された。
19(日)
音楽情報学の2日目を受講した。受講者の造詣が深いので,ディスカッションのレベルが高い。これにきちんと対応できる三浦先生がまた凄いし,三浦先生自体が得るものもあったように思った。放送大学らしい授業だと感じた。
学校教育の根幹は授業であり,教育公務員特例法第二十一条でも「教育公務員は,その職責を遂行するために,絶えず研究と修養に努めなければならない。」と謳われている。研究と修養に努めない教員は法令違反であり,教員失格だと思う。
18(土)
OUJ滋賀SCで音楽情報学を受講した。難しい内容をとても平易に説明しているあたりは流石だ。専門性の深さと,説明の適切さ(上手さ)を併せ持たないといけないなと思い知らされる。
JTBから,僕の個人情報が流出したというメールが届いた。「現在のところ、個人情報を悪用されたことによる被害の報告は入っておりません。」と書いてあるが,原発から放射性物質が漏出した際にも似たようなこと言うと思った。
501はベストジーンズだと思うが,スリムなラインが好きな僕にとってレギュラーフィットは太すぎるのが難点だった。501オリジナルの着心地と,テーパードなラインという組合せの501 CTは僕にとって理想のアイテムだ。すっかり気に入った。
SSS2016に参加するための航空券を購入した。もたもたしていたので,ウルトラ先得を逃してしまった。
17(金)
某編集会議に出席するための航空券を購入した。
16(木)
放送大学の面接授業のための近鉄アーバンライナーDXシートの特急券を購入した。
某編集会議の日程が変更になった。
15(水)
阪大豊中で行われた大プ会四拾壱に参加した。相澤先生の「睡眠とは何か」という講義はとても勉強になった。田中先生の「Rを使った教育実践例」は,何をやっているのか,何故そうするのか,そうする目的は何かというあたりを考えさせながら,目的と手段という関係を意識させることの重要性を説かれていた。その後,2次会にも行ったので,帰宅は終電になった。
千数百件溜め込んでいたメールを一気に処理した。
14(火)
某教科書に意見した結果,結構多数箇所の修正がなされることになった。尤も,それで随分明瞭になったと思う。
13(月)
半年ぶりくらいに,将来検事前会議のようなものを行なった。
ホーキンス・プレミアムクールのローファーを発注した。
12(日)
学ぼう指揮法!の2日目は,昨日より随分スムーズにできるようになった。まだまだ難しいものの,たった2日間とは言え,かなり成長できたように思う。第2学期の上級編もぜひ受講したい。
崎枝フォトコンテストに2作品をエントリーした。
11(土)
OUJ千葉SCで学ぼう指揮法!を受講した。イメージしたようにはなかなかできなかったが,順番に実習していく授業は,実践的でわかりやすかった。学国語を話すのと同様,うまくいかない原因の一つには,気恥ずかしさもあるように思う。セミナーハウスは,想像していたものよりずっと規模が大きかった。DNCの駒場台クラブに似た雰囲気がある。
10(金)
夕刻から,某団体との第4回意見交換会を行なった後に,IPSJ第2回情報入試委員会を行ない,池袋に投宿した。
ITM-HND間だと飛行時間が短いので,ネット接続が15分間であってもかなり使えると思った。
9(木)
「(本人の学識レベルの証明である)学位がないとだめだ」という条件は合理的だが,本務校と直接関係ないことで「(本務校内の職位に過ぎない)教授じゃないとだめだ」という条件はあり得ないと思う。しかし,権威主義や排他主義の人はそういうところに拘ることがある。
8(水)
渡辺真知子のライブチケットを購入した。
大阪電通大のWebページで,学会活動貢献賞受賞の案内が出た。
放送大学大阪SCにDVD教材を返却しに行った。弔旗があった。池田小事件からちょうど15年が過ぎた。家族の苦しみは15年前と何ら変わらないだろうと思うといたたまれなくなる。
7(火)
情報処理学会2015年度学会活動貢献賞の表彰状と賞牌が届いた。
神戸市公立学校園教科等指導委員としての初仕事を行なった。
小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議第3回配付資料が公開された。
6(月)
郵送のみ受け付けの,放送大学の科学的探究の方法と世界の名作を読むの通信添削課題を郵送した。余裕を持って提出すれば2通で30円で済んだのに,速達にしたため,2通で590円と,約20倍のコストを受容する破目になった。
情報処理学会2015年度学会活動貢献賞がWebで公開された。
JABEEの審査員関係の手続きを行なった。
昨日発注したLevi'sのボトムスが早速届いた。とてもいい感じだ。ただ,僕のウエストがやや大きくなってしまっていることを痛感した。
5(日)
近畿総体ボート競技の準決勝では全クルーが敗退した。生徒を学校最寄駅まで引率した後,Honeyと梅田で落ち合って,ちょっとショッピングや軽い食事をしてから帰宅した。
Levi's online storeで,501CT(14040円)→4914円,511(9720円)→2042円,スポークチノ(21600円)→4536円と破格で入手できた。
4(土)
曇り空の中,近畿総体ボート競技の予選と敗者復活戦が行なわれ,M1X 2クルーとM2X 1クルーが明日の準決勝に進出した。疲れたので宿ですぐに寝てしまった。
3(金)
漕艇部の近畿総体出場のため,滋賀県立琵琶湖漕艇場へ行った。とてもいい天気だったが,毎度リギングに時間がかかり過ぎで酷い。
学習指導要領の記述は「〜させる」という表現が目立ち,違和感を覚える。教育者は,学習者の学びを支援すべきであって,学びを強制・強要するべきではないと思う。
2(木)
明日からの漕艇部近畿総体のため,夕刻に加古川へ艇や荷物の積み込みに行った。
現代かなづかいについては,昭和21年11月16日付内閣告示第三十三号で定められたが,この時,
第九 拗音をあらわすには[や]、[ゆ]、[よ]を用い、なるべく右下に小さく書く。
第十 促音をあらわすには[つ]を用い、なるべく右下に小さく書く。
と,「なるべく」という推奨に過ぎなかった。それが,正式に昭和61年7月1日付内閣訓令第一号で,現在の形に決められたということを知った。意外に最近の話ななので驚いた。
メール未読が千数百件あって,処理量(出力)より発生量(入力)のフローが大きくて破綻しそうだ。
1(水)
放送大学大阪SCへ舞台芸術への招待第13,14回のDVDを借りに行った。帰りに,噂の「てらだちよう」駅名票を見に行った。これはなかなかよかった。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-02 (土) 18:07:49 (475d)