研究室日記

31(土)
高鉄に乗って蘇州へ行った。高鉄は上海虹橋駅から出ていると思っていたので、往路は上海駅から快速列車で行き、復路に蘇州北駅から上海虹橋駅へ高鉄で戻ろうと思っていたが、上海駅から蘇州駅まで高鉄が走っていたのでそれで往復することになった。山塘街を散策してから北塔報恩寺へ行った。塔に登ることができなかったのが残念だった。その後、拙政園へ行ったが、人が多くてゆっくりできなかったのがとても残念だった。上海に戻って、K君と30年ぶりに再開して一緒に食事をした。中国のスピード感と、多少の問題を孕んでいてもまずやってしまうというスタイルに「もう日本では仕事ができない」と言っていたのが非常に印象的だった。サイクルポートなどのない好きなところで借りて好きなところで乗り捨てるシェアサイクルや、最早現金でもクレジットカードでもなく支付宝(Alipay)や微信支付(WeChat? Pay)で決済することが普通であるなど、ここは既に近未来の社会が実現していることを実感した。
30(金)
N君と久しぶりに再開し、豫園を散策してから、四川料理をご馳走になった。その後、別れて、東方明珠塔へ行ったみたが、もの凄い人でなかなか入れなさそうだったので、少し散策してからホテルに戻った。
29(木)
早朝に家を出て、KIXから上海浦東へ行った。イミグレは空いていたものの、バゲッジクレームにはかなり時間を要した。スタバでコーヒーを飲んでから、磁浮で移動した。430km/hを期待したが、301km/hまでしか出さなかった。途中、磁浮の博物館を見てからホテルに入った。その後、豫園商城の小吃で晩御飯を食べた後、外灘のライトアップを眺めながら散歩してから帰った。上海でまず驚いたことは、駅などのディジタル・サイネージが巨大であちこちに設置されていることや、バイクが99%電動で無音・無灯火で走り回っているということだった。
28(水)
合格者登校日だった。
水漏れする冷蔵庫を徹底的に見てみたが、素人が手を出せる範囲では解決できなさそうな感じで残念だ。
明日からの留守番要員として息子に帰阪してもらった。
27(火)
S科についての対応に時間を使った1日だった。
26(月)
桑園6:08発の列車でCTSに行き、ITMから学校へ直行した。11時過ぎに到着してそのまま校務運営委員会に合流した。会議が13時半までかかったので、職員会議がずれて14時〜15時半になった。その後、臨時の校務運営委員会を16時〜17時過ぎまで行ない、M先生と打ち合わせをしたりしてから帰宅した。
25(日)
今日も素晴らしい天候に恵まれて、Mt.Isoraを中心に滑走した。息子も昨日よりは随分まともに滑っていた。夕刻に、O先生らと合流し、1本だけご一緒させてもらった。それからレンタル品を返却し、バスで札幌に戻った。お土産を仕入れ、スープカレーを食べてから息子の家に戻った。
24(土)
朝から、バスでルスツに向かった。レンタル品を借りてMt.Westを少し滑った。雪質はザラメだったが、アイスバーンはなかったのと素晴らしい天候だったのでまぁ満足できるものだった。その後、Mt.Eastへ行ったが、息子の不甲斐なさにはがっかりした。水泳パンツを忘れてプールへ行けなかったのは残念だったが、晩御飯は安く上がったし、お風呂も入ってのんびりできた。
23(金)
修了式の後、KIXからCTSに向かった。KIXの国内線サクララウンジのビールが、スーパードライだけでなく、モルツも選択できるようになっていた。半年くらい前からだそうだ。桑園で息子と合流し、久し振りにお寿司を食べた。
22(木)
午前中は山岳部の練習で神戸登山研修所へ行った。午後は、神戸大学のT先生の研究室を訪問し、その後、N先生、Y先生と餃子をたらふく食べた。
21(水)春分の日
某会議のために上京した。いろんな先生といろんな話ができてよかった。早く帰ろうと、rapi:tに乗ったのに、車内でクレジットカードを落としてしまい、帰宅が遅くなった。幸いすぐ見つかったので、その点はよかった。
20(火)
N中学校で学校説明会を行なった。午後はC社のセキュリティ教育教材の説明を受けた。夕刻から時間休を取って、献血に行った。Polaの人にハンドマッサージしてもらった。献血は夕刻だったにも関わらず血小板で、5Rだった。その後、HUBでN先生と2時間ほどミーティングを行なった。
19(月)
午前半休を取って、午後から、時間補充認定会議、魅力ある学校づくり委員会に出席した。夕刻、S先生と部活の運営について意見交換をした。
18(日)
ホテルから、念願のルミ幼稚園を経由して、CE144の2日目に参加した。運営委員会で、2018年度の研究会日程が漸く決まった。帰りは、M先生にDPラウンジへ連れて行ってもらった。山崎12年を期待したが、マッカラン・ダブルカスクだった。しかしそれももの凄い勢いでなくなっていた。焼きカレーパン6つは食べ過ぎだった。
17(土)
ITM始発便に乗って、獨協大学で行われたCE144に参加した。途中、品川から北千住まで、上野東京ラインで移動した。この区間を乗り換えなしで行けるとは感激だ。懇親会では、獨協大学管弦楽団の金管カルテットが演奏を披露してくれた。
16(金)
午前中は半休を取って、午後からPUMP大阪へ部活の引率を行なった。体験クライミングを受講したが、予想通り、握力がなくなって最後は惨憺たる状態だった。その後、学校へ戻って、生徒会補助の相談や、団券の申込などを行なった。
15(木)
午前中に神戸登山研修所へ部活の引率をした後、お昼に工業技術英語の補講、さらに合格者判定委員会に出席した。充分というか過分な勤務評定をいただいた。
夜は、Honeyとスペシャルゲスト 押尾コータロー×The Symphony Hall Big Band 〜Music Director 菊池寿人〜Vol.10 記念特別公演を聴きに行った。アコギのタッピング奏法だとあんなことできるんだと驚かされた。The Symphony Hall Big Bandも素晴らしい演奏だった。いつものクラシックとは客層が全然違った。
14(水)
午前中は、採点の検証を行なった。午後から、トレーニングルームで部活の練習をみて、夕刻からI先生と京都でミーティングを行なった。
情報処理学会 関西支部 2018年度支部大会の案内が出た。週末開催になったことに反響もあった。
13(火)
入試の採点を行なった。順調に進んだ。
キーワードで学ぶ最新情報トピックス 2018が増刷されることになった。ありがたい話だ。
12(月)
一般入試だった。夜は、N先生とHUB→THE AVERY'Sをハシゴした。
11(日)
大学入学者選抜改革推進委託事業の会議の2日目は、問題の検討や今後の活動内容などについて検討した。
帰りに喜久家のラムボールニューヨーク・キャラメル・サンドを買った。M先生の同伴でDPラウンジへ行って焼きカレーパンを食べた。前回はマッカラン12年だったが、今日は山崎12年が置いてあった。
10(土)
大学入学者選抜改革推進委託事業の会議で慶應義塾日吉へ行った。記述問題採点の後、問題の検討を行なった。夜はHUBへ行ったが、非常に空いていた。
9(金)
午前中は、M中学校の卒業式に参列した。ごく普通の式だったが、感涙に咽いだ。
午後は、山岳部の練習でPUMP OSAKAへ行った。ホットカーペットがあったので快適だった。
大学入試センターが実施する試験における「情報」出題の提言を、情報処理学会から発表した。
8(木)
午前中は、山岳部の練習で神戸登山研修所へ行った。寒かった。
午後は、職員会議に出席してから、近畿工業高等学校科長連絡協議会の評議員会に出席した。やはりH先生は魅力的な方だし、K先生も気配りのできる方だと再認識させられた。
ウィーンフィルの、プレヴューコンサート、ジルヴェスターコンサート、そしてニューイヤーコンサートにすべて落選した。尤も、Christian Thielemannは好きではないので残念感がない。
7(水)
午前中に、学科会議を行なった。午後は、時間休を取って帰宅した。
阪大が入試ミス対応の原資を寄付に拠ろうとしている。寄付は「善意」であり、今回の件は「責任」だ。寄付に応じたら、応じた人に責任があったことになる。原資がないからと言って、安易に寄付を募ったりそれに応じたりするのは、本来責任を負うべき人が免れ、負うべきでない人が負うという理不尽を是認することを意味すると思う。
6(火)
答案返却を行ない、午後から山岳部の練習を見に行った。その後、高体連研究部会に参加した。
5(月)
午前中に現メンバーによる最後の校務運営委員会を行なった。午後は時間休を取って献血に行った。ルマンドアイスを食べたかったけど、もう残っていなかった。
The next Course of Study from 2022 and a prospect of information studies education in JapanHuman Pictogram CS-UnpluggedがともにCMSC 4にacceptされた。
4(日)
漕艇部の卒業合宿2日目は、朝食に塩鯖を焼いて、その後、名張シティホテルへ移動して、名張西高校閉校記念パーティにHoneyと出席した。その後、2次会にも参加して、懐かしい先生方といろいろ教育談義を行なった。
3(土)
漕艇部の卒業合宿を行なった。いい天気に恵まれ、快適に乗艇できたようだ。夜は毎度の鍋、そして、明日の昼食のカレーをつくった。
2(金)
プログラミング技術の採点の残りと、工業技術英語の試験・採点を行なった。午後は、神戸市防災コミュニティセンター(長田消防署 4F)で市民救命士講習 ケガの手当コースを受けた。包帯や三角巾の扱いについて、実践的な内容でおもしろかった。
1(木)
プログラミング技術の試験を行ない、採点を半分だけ行なった。午後は、市の工業部会の見学会で神戸新交通ポートアイランド線車両基地と司令室の見学を行なった。操車も完全に自動化しているので、車両基地の常駐は2名だけだそうだ。また、風が強く吹いている時は、係員を列車に添乗させるらしい。いろいろおもしろかった。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-02 (月) 14:56:20 (204d)