Internetを活用した教育実践に関する一考察

三重県立名張西高等学校 英語科 西川俊朗
情報科 中野由章

1. はじめに

 政府は今後2年以内に、全国の公立小・中・高等学校の全てをInternetに接続するとしている。しかし、Internetをどのように学習に活用するかという具体的な点に関して、その方法や効果についての疑問が現場にないわけではない。
 本校においては昨年度からInternet上のサービスを利用した授業を展開しており、本年は情報科に留まらず、英語科・普通科の一部、およびPTAや中学生対象の公開講座においてもこれを利用した授業実践を行っている。これら具体的な事例を紹介し、その意義について考察を加える。

2. Internetを学校教育に導入する意義

 Internetを学校教育に導入することによって、教科書や教員から伝達される知識を受動的に学習するのではなく、学習者中心の能動的で、「調べ学習」のような探索的な学習を行うことが可能となる。また、他校の生徒と情報を共有・交換することにより、互いに影響を与え、連帯感を育む結果となる。それは情報教育に留まるものではない。
 例えば、英語教育において、Internetでの使用言語は各国の母国語の他、世界共通語としての英語が一般的なので、英語を理解し、表現する能力を養うための活きた素材へリアルタイムに触れることが可能になる。世界中の多くの人々を具体的な対象として、情報のやり取りができ、活きたコミュニケーションを行おうとする学習者の意欲を高めることができる。これは、英語で積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育てることの動機付けにもなる。
 その他、地理歴史、公民、理科教育等、あらゆる教科において活用することができるであろう。

3. Internetの提供する代表的なサービスとその活用法

 代表的なものを以下に挙げる。

4. 実践事例

 a. e-mailを活用した英語学習(英語科2年生)  b. e-mailを活用した情報交換(情報科3年生、PTA、中学生)  c. WWWを活用した英語学習(英語科2年生、情報科3年生)  d. WWWを活用した情報検索(情報科・英語科・普通科3年生、PTA、中学生)  e. WWWを活用した情報発信(情報科・普通科・英語科3年生、PTA)

5. まとめ

6. 今後の課題

 今更ながらであるが、3年間を通した授業計画の重要性を痛感している。全教科目にわたる総合的なシラバスデザインが肝要である。
 回数を重ねてきた時に、e-mail交換の内容をどう深めるか、「課題解決学習」における課題の設定方法をどうしていくかといったようなことについて、継続して検討していく必要がある。
 海外とのVideo Conferencingを考えた時、時差が大きな問題となってくる。東南アジアやオセアニア諸国に相手校を探すと都合が良いので、可及的速やかに実践してみたいと考えている。


© 1998 Toshio NISHIKAWA & Yoshiaki NAKANO
All rights reserved.